知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

お中元の意味と時期は?贈られると嬉しいものランキングとのしの書き方

   

「お中元 無料 イラスト」の画像検索結果

お中元の時期が近づいてきましたが、お中元の意味や正確な時期と知らない方もいらっしゃると思います。

お中元に贈られると嬉しいものランキングとのしの書き方を紹介しますので

日頃お世話になったている方々に感謝の気持ちを込めてお中元を贈りましょう。

 

スポンサードリンク

お中元の意味と時期は?

【お中元の意味は?】

中元(ちゅうげん)は、道教に由来する年中行事で、三元の1つであり、

旧暦の1月15日を上元

旧暦の7月15日を中元

旧暦の10月15日を下元のことを言います。

つまり「中元」とは、

もとは旧暦の7月15日のことであり、

道教ではこの日に祖先の霊を供養する

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」をする日となっています。

日本では「盂蘭盆会=お盆の行事」となっており、

この時期に目上の人やお世話になった人等に贈り物をしたことが、お中元の始まりと言われています。

 

【お中元の時期は?】

お中元の時期は、一般的に

7月初旬から7月15日までに贈るものとなっています。

しかし、地域によって

東日本(関東地方)は7月1日〜7月15日までに贈るもの

西日本(関西地方)は8月1日〜8月15日までに贈るもの

とされており、これはお盆を迎える時期の違いによりお中元の時期に違いが生じているみたいです。

しかし、現在は

お盆=お中元という考え方をされることは少ない為、お盆を迎える時期は気にせずに

基本通り

7月初旬から7月15日までに贈っても問題はありません。

ただし

時期を逃してしまいお中元を贈るのが7月15日を過ぎてしまった際には

8月7日(立秋)までは『暑中御見舞』

それ以降は『残暑御見舞』

とのしに書いて御贈りしましょう。

スポンサードリンク

 

贈られると嬉しいものランキング

お中元に贈られると嬉しいものランキングを掲載しますのでご参照ください。

ただし、品物を選ぶ際には

贈る相手の好みや趣味を事前にリサーチしておきましょう。

※下記のグラフは20歳以上の既婚の男女1000人へのアンケートになります。

                     ライフメディア リサーチバンク調べ

 

 

のしの書き方について

<掛け紙を使用する場合>

1:個人の場合

水引の中央下に若干小さめにフルネーム(名字だけでも可)を書きましょう。

 

2:連名で贈る場合

贈る側の人間に立場の違いや上下関係がある際には

右側から偉い順番に名前を書きましょう。

 ※連名で書く場合は3名までになります。

 

3:連名の代表者の名前のみ記載する場合

人数の関係などで代表者の名前のみを記載する場合は

代表者の名前大きく書き、左側に外一同と書きます。

 

4:会社名や住所を記載する場合

中央に名前を書き、右横にやや小さめに会社名や住所を記載します。

 

◆のしを書く際の注意点

 自分もしくは贈る相手が喪中の場合は

 慶事を表す紅白の水引やのしは使いません。

 短冊状ののし紙(白短冊)や

 無地の奉書紙の表書きに「御中元」と書いたものを使用します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - お中元 ,