知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

子供は脱水症になりやすい?原因と症状の見分け方について

   

 

 

「赤ちゃん 夏 イラスト」の画像検索結果

今年も暑い季節がやってきましたが、この時期に気を付けなければならないのが

脱水症ですね。特に小さい子供は脱水症になりやすいと言われていますので、

脱水を起こす原因と症状の見分け方を知っておきましょう。

スポンサードリンク

子供は脱水症になりやすい?

子供が脱水症になりやすいのは以下の5つの原因が挙げられます。

①腎臓の機能の発達が不十分

②成人と比較して不感蒸泄が多い

③自分の意志で水分や電解質補給ができない

④失われる水分の比率が大きい

⑤新生児、小児期の細胞外液は細胞内液よりも多い

と並べてみましたが、

聞き慣れない言葉もあると思いますので、少し詳しく解説します。

子供の脱水症の原因

①腎臓の機能の発達が不十分

子供は成人と比べて腎機能が発達していない為、水分や電解質のバランスが上手く取れない為

体液を失いやすく脱水症を引き起こしやすくなっています。

※簡単に言いますと、水分が足りなければ濃い尿を、水分が多ければ薄い尿を排泄する機能。

 

②成人と比較して不感蒸泄が多い

不感蒸泄とは、私たちが感じることなく皮膚や気道から蒸散される水分のことです。

不感蒸泄は、成人では体重1kgあたり15ml程度ですが、新生児や乳児では体重1kgあたり25ml程度にもなります。

その為、補わなければならない水分量も必然的に多くなります。

スポンサードリンク

 

③自分の意志で水分や電解質補給ができない

乳幼児は自分の意志で水分補給や電解質補給ができません。脱水症に対する機能の発達も不十分である為

保護者が以下に気づいてあげられるかがポイントになります。

 

④失われる水分の比率が大きい

子供は体が小さい分、成人と比較して下痢や嘔吐によって失われる水分の比率が大きくなります。

その為、感染性胃腸炎などに罹患した際には特に注意が必要になります。

 

⑤新生児、小児期の細胞外液は細胞内液よりも多い

新生児期から小児期は体重に占める体液の割合が70~80%に達します。※成人は60パーセント

体液は細胞内液と細胞外液にわけられますが、小児は細胞外液多くなっています。

体液の喪失は細胞外液から始まる為、小児は脱水症になりやすいのです。

 

 

子供の症状の見分け方

子供な自分で症状を上手く伝えることができませんので

以下のポイントに注意して観察しましょう。

・機嫌が悪く泣き止まない

・泣いているのに涙の量が少ない

・おしっこが出ない、尿量が少なく色が濃い

・便が固くコロコロしている

・皮膚がカサカサし弾力がない

・よく水分を欲しがる

まとめ

子供の脱水症は保護者が気づいて対応しなければ手遅れになるケースもあります。

ただ、全てを保護者だけで判断するのではなく

子供の異変を感じた際にはすぐに医療機関に相談しましょう。

スポンサードリンク

 - 子供の脱水症 ,