知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

赤ちゃんの虫除け対策。蚊に刺されやすい条件と虫除け剤の注意点

   

今年も虫刺されが気になる季節がやってきました。特に赤ちゃんは自分で蚊を退治することもできず

かゆみを我慢できずに掻いてしまいとびひの原因となったりアレルギーの原因になることもありますので

効果的な虫除け対策や蚊の特性を熟知して赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの虫除け対策のポイントは?

【お出かけするときの対策のポイント】

○肌の露出をなるべく防ぐ服装

草木の多い公園や山に出かける際には虫に刺される確率はグンとアップしますので

可能な限り肌の露出を防ぐ服装を心がけましょう。

無理に長袖や長ズボンを着せてしまうと発汗を促しあせもを作ってしまう原因になりますのでご注意ください。

 

○汗をかかない工夫、汗をかいたらこまめに拭き取る

汗をかいた肌は蚊に刺されやすい状態にあります。屋外移動の際は直射日光を避けるなど

汗をかかない工夫をし、汗をかいたらこまめに拭き取ってあげましょう。

 

○洋服は明るい色を選び黒っぽい服を避ける

暗く濃い色の服装は蚊を引き寄せやすいので明るい色を選びましょう。

また、一緒にいるママやパパも蚊を引き寄せない服の色を選びましょう。

 

○虫除け剤を使用する

顔や首元などの衣類で肌の露出を隠せない部分には虫除け剤を使用しましょう。

ただし、虫除け剤には「ディート」という成分が含まれており

お子様の年齢によっては使用できないものもありますのでご注意下さい。

 

【室内での対策のポイント】

○お昼寝の時は蚊帳を利用する

ここ最近、蚊帳を使用されている御家庭は大変少ないとは思いますが

ワンタッチ式の蚊帳や赤ちゃんのお昼寝用の蚊帳も販売されています。

すでに家の中の見えない位置に蚊が潜んでいる可能性がありますので大変おすすめです。

スポンサードリンク

 

○空間用の虫除けを設置

玄関先に置くタイプやベランダに吊り下げるタイプがありますので

蚊の侵入経路に設置しておきましょう。

 

○電子蚊取りを使用する

蚊取り線香の煙が気になる方は電子蚊取りを使用しましょう。

 

○換気するときは網戸にしましょう

基本中の基本ですが、蚊の侵入を防ぐために網戸を使いましょう。

たまに網戸に蚊がくっついているため注意しましょう。

 

 

蚊に刺されやすい条件について

蚊に刺されやすい条件に付いて簡単にまとめましたので

対策のポイントには含まれていない項目も記載していますので

虫除け対策に参考にしてみてください。

・体温が高い

・色が暗めな服を着用している

・汗をかいている肌

・日焼けしている肌

・女の子より男の子が刺されやすい

体温や性別に関してはどうしようもない部分がありますので

衣服の選択や汗、肌の管理で対策を立てましょう。

虫除け剤を使用する際の注意

先ほども申しましたが虫除け剤には

「ディート」

という成分が含まれています。

ディートは特性も低く中毒症状を起こすことは大変まれではありますが

主に神経障害によるけいれんや脳障害を引き起こすことがあります。

ディートが気になる方には子供にも使用できるオーガニックな虫除け剤や

衣類に貼ることができる虫除けシールの使用をおすすめします。

まとめ

虫除け対策はいかにママやパパが刺されないよう予防するかが大事になります。

特に暑い日にお出かけする際には

・服装の選択

・汗をかかせない、汗をかいたらこまめに拭く

・虫除け剤や虫除けシールを使用する

といったポイントを押さえて対策しましょう。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,