知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

衣類のカビの取り方は?漂白剤を使う際の注意と予防法について

   

久しぶりに着ようと思って引っ張り出した衣類にカビが・・・

なんてこと皆さんも経験あるのではないのでしょうか!?

クリーニングに出さなきゃ・・・と諦めかけている皆さんに

自宅でもできる衣類のカビの取り方や正しい洗濯方法を紹介します。

同時にカビの予防法も紹介しますので

これからの湿気の多い時期に向けて予め対策しておきましょう!

スポンサードリンク

衣類のカビの取り方について

○白っぽいカビはブラッシング落とす!

白っぽいカビはまだ新しいカビなので

硬めの洋服ブラシや歯ブラシでやさしくブラッシングすることで落とすことができます。

無理にこするとカビの胞子が飛びますのでご注意ください。

ブラッシングした後は普段の洗濯で綺麗に洗いましょう。

この白っぽいカビを放っておくと黒カビになってしまいますので

発見した際には早急に取り除いておきましょう。

 

○黒カビは漂白剤で付け置き洗い!

黒カビは普通に洗濯するだけでは中々綺麗に落ちないので

50度のお湯に商品の表示通りに薄めて1~2時間ほど付け置きしておきましょう。

その後は漂白剤と洗濯用洗剤を使用して洗濯します。

もし、効果が物足りないと感じた方は

漂白剤と一緒に重曹を使用しましょう。

割合としては漂白剤:重曹=1:1で使用します。

※漂白剤を使用しても落ちない際は無理をせずにクリーニングに持っていきましょう。

 

漂白剤を使う際の注意

漂白剤は大きく分けると

「塩素系」「酸素系」の2種類に分類されますが

この2つの違いについて説明しますので衣類に応じて使い分けましょう。

 

【塩素系漂白剤の特徴】

○漂白、殺菌、除菌力が強い

塩素系漂白剤は漂白力が大変強い反面、色素を破壊し色落ちさせてしまうという

スポンサードリンク

デメリットを持っていますので、白い衣類にしか使用できません。

○塩素特有の臭い

よく表現されるのがプールに入る前の消毒を思い起こすあの臭いですね。

効果は強いのですが部屋干しすると部屋の中が塩素臭くなってしまうのが少し困る点です。

 

【酸素系漂白剤の特徴】

○漂白力はやや劣るが衣類に優しい

塩素系と比較すると漂白力は劣りますが、主な成分はアルカリ性の過炭酸ナトリウムなので

カビを落とすだけでなく普段の洗濯にも使用することができます。

○塩素系の臭いがしない

酸素系では塩素系特有の臭いがないので部屋干ししても臭いが気になりません。

○シルクやウールを洗う際は注意

動物性の油脂分を分解しますので、シルクやウールの手触りが損なわれますので使用する際は注意しましょう。

衣類のカビ予防法は?

衣類のカビ予防は収納方法がポイントになります

①綺麗に洗濯してから収納する。

当然ですが、汚いまま収納すると汚れはカビの栄養になりますのでカビが発生しやすくなります。

 

②収納する際にぎゅうぎゅうに詰め込まない

衣類を詰め込むと通気性が悪くなりますので湿気がこもりますので

タンスやクローゼットも7~8分目までを目安に収納しましょう。

 

③天気の良い日に収納する

雨などの湿気の多い日に収納してしまうと湿気も一緒にしまうことになりますので

天気の良い乾燥した空気と一緒に収納しましょう。

まとめ

まずはカビを発生させないように日頃の収納方法に気を付けましょう。

カビが発生してしまった際には迅速に対応し、

黒カビが発生してしまった際には漂白剤を使用し

それでも落とせない際は無理に落とそうとしてカビが広範囲に広がる前に

クリーニングに持っていきましょう。

スポンサードリンク

 - カビ ,