知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

夏にも結露でカビが生える?夏型結露の原因と対策について

   

 

「結露 イラスト フリー」の画像検索結果

一般的に結露は冬に発生するものと思われていますが、実は夏場にも結露は発生します。

夏型結露もしくは壁内結露と言われており冬のように目に見える結露は少ないのですが、

家の基礎の部分など壁の内部に発生するため建物の腐朽やカビの原因にもなってしまいます。

また、カビは人間の健康を害することもありますので高温多湿の夏場はしっかりと対策しておきましょう。

衣類のカビやカビによる赤ちゃんの病気が気になる方は是非こちらもご覧ください

→衣類のカビの取り方は?漂白剤を使う際の注意点と予防法について

→カビで赤ちゃんは病気になる?発生しやすい原因と対策について

スポンサードリンク

夏にも結露でカビが生える?

冒頭でもお伝えしました通り夏にも結露は起こります。

冬の結露に対して

「夏型結露」

と言われており、高温多湿な地域で発生しやすく住宅の基礎部分や壁内で結露を起こすことを言います。

例えば、家の基礎が夜涼しくなると冷やされ、そこに湿った空気が触れると結露します。

冷たいジュースを注いだコップの表面が濡れるのをイメージしてください。

特に新築の家では木材がまだ乾いていない場合、温度の上昇とともに

木材の中に含まれる水分が温度の低い箇所で結露することがあります。

結露により木材が腐ったり断熱材が湿ってしまい断熱性能を失うという問題が起きてしまいます。

また、壁内部で発生した結露は

カビを発生させてしまう原因にもなります。

カビが発生してしまうと

アレルギー性鼻炎 気管支喘息 夏型過敏性肺炎

などの病気を引き起こしてしまいます。

可愛いお子様の健康を損なわないためにもしっかりと対策しておきましょう。

 

夏型結露の原因

夏型結露は基本的に外部から侵入してきた暖かく湿った空気が室内側に面する

住宅の基礎部分や石膏ボードなどの壁内側表面で冷やされることが原因で結露が起こります。

また、最近は殆どの御家庭でエアコンを使用されるため、

建物自体が冷やされて外部の湿った空気が壁などに入り込み、結露を起こしてしまいます。

スポンサードリンク

 

夏型結露の対策

夏型結露の対策のポイントは

①エアコンによる除湿

②換気扇による排湿

③窓を開放して換気

④空気を滞留させない

この4つがポイントになります。

次は部屋別にポイントを御紹介します。

 

●下駄箱

雨の日に濡れた靴をしまっておくと湿気をため込みカビが生えやすくなります。

梅雨時期や夏場は下駄箱の扉は締め切らずに少し開けておきましょう。

換気され湿気を防ぐことができます。

 

●押入れ

押入れは密閉されているため、湿気がたまりやすくなっています。

湿気のたまりやすい押入れに布団を収納しておくと

多い日で1日に200グラムの水分を吸収すると言われており。

それを収納するだけで湿気はたまってしまいます。

その為、晴れた日には布団を干し、押入れの中のものを外に出して

換気することで湿気がたまるのを防ぎます。

 

●キッチン

料理をするとどうしても空気中に水分は多くなります。

拡散した水分は壁や天井等に付着してしまい

それが原因で部屋全体に湿気を帯びてしまいます。

これを防ぐには料理中の換気扇の使用と室内を換気することで

外気を取り入れ水蒸気を排出しましょう。

 

●食器棚

食器を棚に入れる際に水分が残っていると中に湿気がこもり

カビが生えたり食器棚本体が痛んでしまいます。

 

●浴室・洗面所

浴室や洗面所は湿気がこもりやすい場所なので使用後は毎回窓を開けて換気しましょう。

入浴後、壁やガラス面に付着した水分を拭いておくと乾きが早くなります。

 

まとめ

夏型結露により家屋の老朽化によって甚大な被害を被るケースはごく僅かですが

カビにより病気やアレルギーを引き起こす可能性は十分にあります。

繰り返しになりますが

夏型結露の対策のポイントは

①エアコンによる除湿

②換気扇による排湿

③窓を開放して換気

④空気を滞留させない

なので、日ごろから習慣づけて対策しておきましょう。

スポンサードリンク

 - カビ , ,