知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

紫外線を目に受けると肌へも影響が!?正しいサングラスの選び方

   

「紫外線」の画像検索結果紫外線の強い季節がやっていましたね。

皆さんは紫外線対策は肌に日焼け止めなどを使用するなどされていると思いますが

目の日焼け対策をされている方は少ないのではないのでしょうか?

実は、目で受けた紫外線は目の病気だけでなく肌へも影響を及ぼしてしまいます!

今回はそんな目の日焼けについてと正しいサングラスの選び方を御紹介します。

スポンサードリンク

紫外線を目に受けると肌へも影響が!?

日焼け止めを塗っていれば肌の日焼けは心配ないと思うのが当たり前ですが・・・

実はですね、

目で受けた紫外線は肌の日焼けを引き起こす原因になってしまうのです!

簡単な流れを説明しますと

目で受けた紫外線によって目の細胞がダメージを受け、脳が紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素が作られます。

この働きにより

肌の日焼け対策をしていても肌の日焼けが起こってしまいます。

また、目が日焼けすることで角膜の炎症が起こりやすくなり

・目の充血

・ドライアイ

・眼精疲労

などの眼病を引き起こす原因にもなってしまいます。

その為、肌は日焼け止めや衣類で日焼けを防ぐように

目はサングラスで日焼けを防ぐ必要があります。

では次に基本的な正しいサングラスの選び方を御紹介します。

 

正しいサングラスの選び方

「サングラス 無料 写真」の画像検索結果正しいサングラスを選ぶポイントは

・紫外線カット機能

スポンサードリンク

・紫外線透過率

この2つが挙げられます。

 

①紫外線カット機能

サングラスといれば黒く色の濃いレンズが目を守っていると勘違いされる方がいるかもしれませんが

紫外線カット機能がないサングラスもあります。

色が濃い紫外線カット機能がないサングラスを選んでしまうと

目の瞳孔が開いてしまい紫外線を取り入れやすくなってしまうという逆効果を招いてしまいます。

サングラスを選ぶ際には色ではなく紫外線カット機能があるかを確認しましょう。

 

②紫外線透過率

紫外線カット機能があるサングラスには

紫外線透過率○%

という表示がされていると思います。

この紫外線透過率が低いほど紫外線をカットすることができます。

 

おすすめのサングラス

サングラスにも色々な種類やカラーがありますが

皆さんは調光レンズを御存じでしょうか?

「調光レンズ 無料 写真」の画像検索結果

調光レンズは紫外線の量に応じて自動的にレンズ濃度が変化してくれます。

紫外線の少ない屋内ではクリアなレンズのままであり

紫外線の多い屋外ではレンズが濃くなりまぶしさを押さえてくれる代物です。

サングラス選びに悩まれている方は是非検討してみてください!

 

まとめ

アウトドアがお好きな方は紫外線を受ける機会が大変多くなる季節ですので

この機会に肌の紫外線対策だけではなく目の紫外線対策も取り組んでいきましょう。

また、小さいお子様のいる御家庭では子供にサングラスは利用しにくいと思いますので

帽子やサンバイザーなどを使用してお子様の目を紫外線から守ってあげましょう!

スポンサードリンク

 - 紫外線 ,