知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

夏の車内温度を下げる方法は?エアコンの効果的な使い方と対策グッズ

   

「車内温度 写真」の画像検索結果

夏の炎天下に車を駐車していると、少しの時間でもサウナ状態になってしまいますよね!?

早く出発したいのに中々温度が下がらずに車に乗ることができない・・・

エアコン付けてるけど中々冷えない・・・などと悩まれている方も多いと思います。

大人の方であれば我慢することができるかもしれませんが

小さい赤ちゃんや子供が一緒だとそういう訳にはいきません。

今回は簡単にできる車内の温度を下げる方法と定番の対策グッズを紹介しますので

お出かけする機会の多い夏の季節を快適なものにしましょう!

スポンサードリンク

夏の車内温度を下げる方法は?

 

<方法その1> ドアを開閉する

①まず、助手席側の窓を全開にします。この時、運転席側の窓は閉めておきましょう。

②運転席側のドアを5回~6回ほど開けたり閉めたりします。

テレビで紹介されたこともありすでに御存じの方も多いかと思いますが

これだけで車内に外気が取り込まれますので外気の温度と同じぐらい車内温度を下げてくれます!

大変簡単なので1番お勧めであり便利な方法ですね!

隣に車が停まっている時には十分に注意してから実践してください!

 

 

<方法その2> トランクも開放する

窓やドアを開けるだけでなくトランクも開放することで車内の空気を入れ替えましょう!

トランクを開けるとムワッとした空気が逃げていくのがよくわかりますよ!

 

 

<方法その3> 濡れタオルでハンドルやダッシュボードを冷やす

夏の炎天下のハンドルやダッシュボードは最高で70度近くまで温度が上昇します。

これも車内温度を上げる要因の一つですね!

夏にお出かけするときはタオルやハンドタオルをお持ちだと思いますので

使い終わったタオルを外出先の水道で濡らして使用しましょう。

濡れタオルで拭き上げる際には大変暑いので十分に注意してください。

 

 

エアコンの効果的な使い方

 

エアコンで車内を冷やす際に

ただ温度設定を下げて風力を最大にするだけでは効果は最大限に得られません。

エアコンを使用する際は以下の手順に沿って使用してみてください。

スポンサードリンク

①窓を全開にして走行する

②エアコンを外気導入で入れる(内気循環にしないように注意!)

③温度設定は最冷、風力設定は最大にする

④1~2分程度窓を開けたまま走行し、車内の暑い空気を外へ逃がす

⑤社内の温度が外気と同等もしくは外気より涼しくなったら窓を閉めてエアコンを内気循環にする。

⑥エアコンの温度と風力をお好みの設定にする。

 

この手順でエアコンを使用すればさらに効果的に車内を冷やすことができます。

また、バッテリーやガソリンの消耗を抑えることができますので実践しましょう。

 

 

対策グッズ

 

【サンシェード】

「サンシェード 車」の画像検索結果

暑さ対策で最もよく使用されているのがこのサンシェードではないでしょうか!?

サンシェードを選ぶ際はデザインが可愛いものも捨てがたいですが

最も断熱効果のあるものは

表面が光を反射しやすい白色や銀色で厚みのあるサンシェードです。

 

【断熱フィルム】

「断熱フィルム 車」の画像検索結果

窓に張るタイプの断熱フィルムも断熱・遮熱効果が高いと言われています。

断熱フィルムの中には紫外線をカットしてくれるものもありますので

日焼け対策にもなり一石二鳥です。

 

【車内用冷却スプレー】

「冷却スプレー 車」の画像検索結果

これはシューッと車内に吹きかけるだけで車内温度を下げてくれるスプレーです。

70度以上にまで温度が上昇するダッシュボードやハンドルにも効果的です。

 

まとめ

車内温度を冷やす1番大切なポイントは車内の熱い空気を外に逃がすことです。

今回紹介させていただいた方法は特に準備せずにできる方法が主なので

今すぐに取り組んで快適なカーライフを送りましょう!

スポンサードリンク

 - 夏の対策 ,