知ってるだけで得する情報

知ってるだけで得をする!そんな情報をお届けします!

お風呂のカビ予防法とカビ取りのコツは!?天井のカビは要注意!

      2016/06/12

「風呂 カビ 写真」の画像検索結果

湿気の多いジメジメした季節といえば悩まされるのがカビですよね!?

お風呂等の水回りは特にカビが生えやすいた何かしら対策されていると思いますが

カビがうまく落ちなかったり、落としたはずなのにカビが生え続けてしまう・・・

なんて悩みを抱えている方も多いと思います。

また、天井のカビは落としにくいからと言って放置しておくと大変なことになります!

そこで、今日はお風呂のカビ予防法とカビ取りのコツを御紹介していきます!

スポンサードリンク

お風呂のカビ予防法について

 

カビの発生しやすい条件は3つあります

①温度:20度~30度

②湿度:70パーセント以上

③栄養素:石鹸カス、皮脂等

カビ予防をする際はこの3つの条件を意識する必要があります。

ではまず、風呂上りに毎日でも実践できるカビ予防を紹介します!

 

◆温度対策

・お風呂上げりにお風呂の壁や床に冷たいシャワーをかけて温度を下げる。

 

◆湿度対策

・浴槽にお湯が残っている際にはお湯を抜くかフタをしておく

・換気をする。お風呂場が乾ききるまでしっかりと!

・余裕があれば浴槽や壁をタオルで拭きとる。シャンプーボトルや小物も同様に!

・換気扇を回す!この時、浴室のドアを閉めきっておくと効率アップ!

 

◆栄養素対策

・お風呂上りに浴槽や浴室内をしっかりとシャワーで流してキレイにしましょう!

どうでしょうか?簡単にできるものなので今日からでも取り組んできましょう!

 

≪天井のカビ予防方法について≫

「風呂 カビ 写真」の画像検索結果

お風呂場で最も気になると言っていいのが天井ですよね!?

天井のカビ予防は

・防カビ剤もしくは消毒用エタノール ・クイックルワイパー

この2つを使用します。

使い方は簡単で

クイックルワイパーに防カビ剤もしくは消毒用エタノールを吹きかけて天井を拭く

これだけです。

「風呂 カビ クイックルワイパ^-」の画像検索結果

エタノールの成分はカビの蛋白質を分解してくれるだけでなく

除菌・消臭効果もあるので予防にも掃除にも使えます。

ドラッグストア等で簡単に手に入りますので是非試してみてください!

 

≪防カビくん煙剤は最高におススメ≫

僕が最もおススメしたいのが

防カビくん煙剤です!

スポンサードリンク

「防カビくん煙剤」の画像検索結果

特徴としましては

・使い方は簡単でバル○ンみたいに水を入れるだけで煙が浴室全体に行き渡る!

・天井や壁だけでなく換気扇や子供のおもちゃまで隅々を除菌することができる!

・掃除の手間も省けますのでお忙しい主婦の皆さんには大変おススメできる!

といった優れモノです。

防カビ効果は約1カ月~2カ月程度続きますので定期的に使用することでカビを予防しましょう!

 

お風呂場のカビ取りのコツ

①カビ取り剤はお風呂を乾燥させてから使用する

濡れた場所に使用するとカビ取り剤が薄まったり、カビに密着しにくくなります。

 

②カビに付着した汚れは事前に落としておく

黒カビには皮脂や石鹸カスが付着していますのでまずはお風呂場を綺麗に洗って

カビなのか単なる汚れなのかをはっきりさせてからカビ取りを始めましょう。

 

③カビはこすらない

カビをこするとカビが奥に入り込んだり胞子を撒き散らしてしまいます。

カビ取り剤をスプレーしたら数分おいてから水で流しましょう。

1度で落ちない頑固なカビには間をおいて数回カビ取りしましょう。

 

④タイルの目地には横方向にスプレーする

タイルの目地は、カビ取り剤を横方向の溝にスプレーすると液が留まりやすく効果的です。

 

⑤カビを残さない

せっかくカビ取りしてもカビが残っていると胞子が飛んでほかの箇所に再度カビを発生させます。

換気扇やシャワーヘッドなど細かい部分のカビ取りも忘れずに行いましょう!

 

 

天井のカビは要注意

天井のカビを放置しておくと大変なことにまります!

天井にカビが生えているということは

常にお風呂全体にカビを撒き散らしてしまっている状態を作り出しています。

その為、どんなにお風呂の壁や床のカビ取りをしても

天井にカビが生えていればお風呂全体にカビは生え続けてしまいます!

また、カビというのは全てが目に見えているわけではありません。

緑色に付着している状態というのは言わば

カビの最終形態なのです。

ですので、天井が真っ白に見えていても

実は目に見えないカビが付着しておりカビの胞子を撒き散らしている可能性があります。

お風呂の天井に関してはカビが生えてから対策を始めるのではなく常日頃から取り組みましょう!

 

まとめ

いかがだったでしょうか!?

カビ対策は日頃から取り組めるものが多く毎日の努力でかなり予防することができます。

カビの発生条件である

・温度 ・湿度 ・栄養素

これを覚えておけば自分なりの新しいカビ対策を見つけることができるかもしれません!

また、カビは赤ちゃんの病気を引き起こす原因にもなりますので日頃からカビ対策に取り組んでおきましょう!

スポンサードリンク

 - カビ ,